メトロノームよ、俺に合わせろ!

ドラム練習帳

メトロノームを使っての練習目的は、「安定したテンポキープが出来るようになること」や

「リズムを正確に叩いていくため」であったりすると思います。

でもメトロノームの使い方を誤ると、目的とは真逆の方向へと進んでしまいます。

 

メトロノームを使っての練習時、メトロノームの音、LEDや振り子の動きなどに

自分の叩くタイミングを合わせにいこうとしていたら、それは間違いです。

メトロノームの使い方の基本は、あくまでも「ガイド」的な役割として使います。

 

ですかクリックをイヤホン等で聞く事や、クリックに合わせて光るLEDを見ながらやる、

振り子型を見ながらやるというような行為は、全てクリックに合わせにいくという

意識が強まるだけなので、練習活用としてはおススメしません。

 

メトロノームに合わせていこうとすること自体が、タイムキープや正確に叩くという、

本来の目的から離れてしまいます。クリック練習はクリックに合わせる事が目的ではなく、

あくまでも自分のテンポ感等が、安定しているかどうかを確認していく為のアイテムです。

 

メトロノームによっては、8分音符や16分音符などの補助音を出す機能がついていますが、

それらはハッキリ言って必要がありません。便利なのかもしれませんが、

結局、クリックに合わせに行くという意識が強まってしまいますし、

自分自身の4分音符の間隔or感覚が掴めなくなります。

機械の間隔ではなく自分の間隔or感覚で、4分音符の中に8分音符や16分音符などを

入れていく練習をするのが大切です。ですから基本は4分音符のみで練習をしていきましょう。

 

メトロノームの練習では、「叩いているとクリック音が聞こえなくなる」というのが理想です。

クリックに合わせるのではなく、「クリックがこっちに合わせろよ!」

くらいの気持ちやるほうが、気楽にできて良いですよ♪

 

ちなみ変拍子の練習や裏拍の練習など、4分音符さえ鳴っていれば問題なく練習できます。

だから高機能のメトロノームなんて必要ないです。

敢えて重視するなら、テンポアップとダウンの幅が大きい方が良いかも・・・。

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました