絶対音感についての考察

ドラムな音楽な人生~

 

私は「絶対音感」にとても憧れを抱いています。

でもこれって小さい時にしか身に付けられないんですよね。

なので私はもう身に付ける事は出来ないのですが、

本日は「絶対音感」について考察してみます。

スポンサーリンク

絶対音感って?

「絶対音感」というのは、ある音を単独に聞いたときに、その音の高さ(音高)について、

音楽で決められた名前(音名)を、他の音と比較せずに即座に言い当てることができる感覚。

とWikipediaでは書いてあります。

また「絶対音感」とは別に「相対音感」というものがありますが、

相対音感は大雑把に音が高い低いなどが解るもので、これは誰しもが持っており、

いわゆる庶民の音感となります。

 

この「絶対音感」は乳幼児期に身につくものらしく、大人になってから訓練しても、

多少は改善されるものの遠く及ばないそうです。

 

ちなみに乳児期に母親が子守唄を鼻歌で、歌ったりというのは

ごくごく自然の事なのですが、この鼻歌の音程が悪いと、

子供もそのまま悪い音程を覚えてしまうのだとか・・・・。

 

私は絶対音感を持っていませんが姉は持っています。

カラスの鳴き声や工事現場の音さえも、音階で聞こえるのだとか・・・。

実にうらやましい能力です。

 

音楽をやるならぜひとも身に着けたい感覚ですが、

全ては乳幼児期で左右される可能性があるので、

もしこれからお子様に音楽をという場合には、

ピッチの合った鼻歌を心がけたほうがよさそうです。

 

コメント