ドラムのメーカーってどこが良い?

ドラムな音楽な人生~

o0491029011813064020

ドラムメーカーってたくさんあります。

YAMAHA、Pearl、TAMA、SONOR、DW、Ludwig、CANOPUS・・・

この他にも、まだまだたくさんのメーカーありますが、

どれが一番扱いやすいんでしょうか?

 

当然、各メーカーともメリット・デメリットもあり、

また本人の好みもあるので、一概に「ここが良いよ!」とは言えませんが、

私が結構重点において見ているのは、「ハード」の部分で、

「どこまで微調整が出来るか?」という事に結構こだわっています。

 

タムやシンバル、スネアの角度や高さ、距離間など出来る限り

自分の理想の状態に保ちたいと思うと、それに対して80%くらいで、

対応できるハードウェアが好ましいです。

実際、微調整が出来ないと結構ストレスだったりしますし・・・(-_-;)

 

太鼓自体の「鳴り」もメーカーによって違いますが、

使っている材質というのは何処も、ほぼ同じで後は作り方の違いです。

(もちろん作り方でかなり違いもあるのですが・・・)

 

私が実際に使ってみたメーカーの感想です。

グレードに違いもあるので、あまり参考にはならないと思いますが・・・。

SONORは、基本的にどのグレードでも凄く「鳴る」感じがあります。

PearlもYAMAHAもスタンダードモデルは、本当にフツー(笑)

Pearlの「クラシックメイプル」はキレイな音色がする印象でした。

TAMAはわりかし図太い音がする印象です。

 

ちなみに私はYAMAHAのレコーディングカスタムを使っています。

デイヴウェックルがYAMAHAを使っているというのもありますが、

それを抜きにしてもYAMAHAのハードウェアの微調整が、

結構理想的とても使いやすく思います。

 

スタジオなど「でこのドラムは調整しにくいなぁ」なんて

思った事はありませんか?

その際は色々と研究してみると面白いですよ♪

コメント