ライブレポ。

ドラムな音楽な人生~

17日は北広島のクラッセホテルにて、北英電工(株)さんの、

新社屋落成記念パーティーでの演奏でした。

ホテルのイベント会場だけあってキレイです。

また12階が会場であったので、景色もとても良かったです。

 

この日のドラムセットは、YAMAHAの「Hipgig Sr.」です。

このドラムは通常よりも小さいセットなので、JAZZやパーティー系のイベントでは

持ち運びや音量面で重宝するかなぁと思って、10年くらい前に購入したのですが、

バスドラが結構な重量があるし、普通サイズのドラムセットと変わらずな鳴り方だしと、

当初の安易な発想は見事覆された楽器です(笑)

悪い楽器ではないんですが、特にバスドラの鳴りがハンパないので、

中にはタオルやらをたくさん入れてミュートしてます。

 

 

18日に行われた小樽市「ISO(イソ)」でのライブです。

ここは元々、小樽では有名な「海猫屋」さんだったところで、

レンガ造りの歴史的建造物です。

ここは場所的にもあまりガンガンやる所ではないので、

静かにカホンでの演奏となりました♪

今回、急遽決まったバンドさんのサポートもやりました。

リハする時間もなく、打ち合わせもほぼできず、

取りあえず始まり方と終わり方、リズムだけを確認しての本番となりましたが、

何とか事なきを終えましたが(笑)、はたしてサポートとして役立ったかどうか・・・(^^;)

 

そして新沼謙治さんです。

新沼謙治さんと我が恩師です。

 

そして20日の土曜日は、今話題!?の札幌文化芸術劇場「hitaru」へ行ってきました。

何というか凄いところです。よくまぁこんなスゴイの作ったなと。

客席数は普通なんですが、とても天井が高いので圧巻な見栄えです。

ただこれまでのホールと違って、1人1人の小さな音もはっきりと聞こえてしまうので、

中途半端なテクニックの演奏では、おもいっきりアラが目立ってしまいます。

まさに「ホールが演奏者を選ぶ」といった印象でした。

ちなみに中は凄い作りなのですが、ホールの外は意外にシンプルで、

そのギャップにも驚きです。外観の予算は足りなかったのでしょうか(笑)

ということでした。

 

コメント