むかーしむかしのお話。

ドラムな音楽な人生~

むかーしむかし、高年齢の方々のバンドをお手伝いしていた時、

リーダーらしき人からカウントの出し方で怒られたっけ。

 

その時はハイハットで、シングルカウントしてたんだけど、

ダブルカウントじゃなきゃダメだったのかと思い、同じようにハイハットで

ダブルカウントしたら、「違う!!そうじゃない」って結構な剣幕で怒鳴られたよ。

 

「え~なにがダメなんだろ・・・」と思っていたら、

「カウント出しはスティックでしかやってはいけない」と言われました。

そして「どんなジャンルにおいても、カウントはスティックでするもんだ!」

「ハイハットは楽器だからカウント出しするものじゃない」と。

 

「えー・・・・・・」と、非常にショッキングな出来事でした。

「ハイハットで<チッ・チッ・チッ・チッ>や<シャン・シャン・シャン・シャン>って

やったりもするよ」とはとても言えず・・・。

逆らわずして以後、スティックでのカウントをしていると、

終始、ご満悦なリーダーさんでありました・・・。

その人、今何してんのかなぁ~。

 

その一件以来、ご年配の方とご一緒する時には、

必ずスティックのみのカウントをするようになりました(笑)

やっぱり音楽も縦社会ですからね・・・。

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました