デイヴウェックル(Dave Weckl)を考察

ドラム付録

 

デイヴウェックル(Dave Weckl)は、ジャズ・フュージョン系のドラマーで、

私のもっとも尊敬するドラマーです。

本日はデイヴウェックルについて少し考察します。

スポンサーリンク

デイヴウェックル(Dave Weckl)

デイヴウェックル(Dave Weckl)は、1960年生まれのアメリカ人ジャズドラマーです。

ジャズドラマーといっても、こてこての「どジャズ」ではなく、

いわゆるフュージョン系のドラマーです。

 

音楽好きな両親の影響もあり、8歳ごろよりドラムを始め、メキメキと頭角を現していきます。

1980年代の前半、ポールサイモンのバックを務めるなどし、スタジオワークで活躍します。

またジャズピアニストのミッシェルカミロ、チックコリア等と仕事をしていく中で、

一気にトップドラマーの仲間入りを果たしました。

 

またソンゴのリズムを洗練したスタイルにして、世に生み出した第一人者です。

私もデイヴウェックルのドラムで、初めてソンゴというリズムを知り、

そのカッコよさから一気に魅了されていきました。

機械的なドラムと揶揄されていた

当時は「機械のようなドラム」といわれるほど、正確無比なドラミングで、

1980年代のチックコリアエレクトリックバンドでは、シーケンサーや

エレクトロニックドラムも組み合わせたドラムスタイルでした。

 

あまりの正確さに「人間的じゃない」「テクニックに走り過ぎている」など、

賛否両論の多かったドラマーでもあります。

デイヴウェックル(Dave Weckl)の改革

しかしデイヴウェックルは、2000年頃を境に自身を大幅に改革します。

モーラー奏法を取り入れる事で、ドラミングの正確さはそのままに、

今までの機械的なドラミングから、自由で感覚的なドラミングに変化していき、

また、音色を明るく豊かに響かせるようなスタイルに変わりました。

新旧のデイヴウェックルで比較してみると、明らかな変化が分かります。

デイヴウェックルはヴィニーカリウタとよく比較される

デイヴウェックルと同じ世代には、ヴィニーカリウタ、スティーブスミス、デニスチェンバース、

オラシオネグロエルナンデスといった、超S級のドラマーさんがたくさんいます。

その中でもヴィニーカリウタとは、よく比較されていました。

 

比較され始めたのは、バディリッチメモリアルのイベントでのことです。

この時スティーブガッド、デイヴウェックル、ヴィニーカリウタで、

ドラムソロのバトルを始めるのですが、デイヴウェックルはヴィニーカリウタに

誰が見ても分かるほどテクニックの違いで、完膚なきまでにやられました。

 

 

ヴィニーカリウタは、正確さと卓越したテクニックが自慢のデイヴウェックルを、

さらに超える圧倒的なドラムテクニックを持っています。

特にリズムの捉え方に対する感覚が、普通にはない気がします。

 

またデイヴウェックルは、小奇麗すぎるようなドラムのイメージがありますが、

ヴィニーカリウタは、正確さの中に野獣のような一面があります。

その野獣のような男らしいドラミングに、多くの人が引き込まれていき、

デイヴウェックルよりも人気が高まっていきました。

 

ちなみにヴィニーカリウタは、このバディリッチメモリアルの後、

チックコリアやマイクスターンなどとも仕事をするようになります。

一方デイヴウェックルはこの後、自身を変革する時期に入ります。

進化し続けるデイヴウェックル(DAVE WECKL)

進化したデイヴウェックルは、テクニック的にも音楽的にも、

とても表現が豊かになりましたが、幅広いジャンルをやっているわけではありません。

逆にヴィニーカリウタは、とても幅広いジャンルをやっています。

今でも度々比較され続ける2人ですが、それだけどちらも似ている部分があり、

魅了される部分があるからなのではと思います。

 

デイヴウェックルは、私がジャズやフュージョンに

興味を持ったキッカケの人でもあるので、

思い入れも強く、今でもずっと憧れの人です。

 

・(旧)デイヴウェックル

 

・(新)デイヴウェックル

コメント