夢は見るものじゃなく叶えるもの

雑記

 

「夢」というと何を連想しますか?

寝る時に見る夢ですか?それとも願いのことですか?

 

明治維新の先駆者である「吉田松陰」の言葉に、「夢なき者に理想なし、

理想なき者に計画なし、計画なき者に実行なし、実行なき者に成功なし。

故に夢なき者に成功なし」という言葉があります。

これはもちろん寝てから見る夢の事ではありません。

 

人それぞれ「夢」には色んな捉え方がありますが、私の場合は

「夢」=「理想や叶えたい願いまたは目標」と捉えています。

そして夢は見るのではなく、叶えなければ意味がないと思います。

 

見る夢は寝ているときに見ればいいのです。

 

普段「理想、叶えたい願い、目標」だったりする夢というのは、

ただ妄想するのではなく実現すべきだし、実現できるものだと思います。

 

実現できる人と実現できない人の違いは『ビジョン=大きな全体図』が

あるかないかの違いだと言います。

もし細かい部分が抜けていたとしても、全体図だけははっきりとしているなら、

後から細かい部分はついてくるといいます。

 

夢は諦めたらそこで終了です。

「諦めてないけど一向に叶わない!」という人は、

もう一度全体図を見直してみましょう。

 

コメント