運の良い人?悪い人?

雑記

db5b5f9ffe07ce9fcc5c96e5749d88f6

 

こんにちは。いつものように久々の更新です。

最近はドラムよりもデスクワークが多いため、ストレスも溜まり気味。

仕事だからしょうがないのですが・・・・。

 

さて本日は「運の良い人?悪い人?」というテーマです。

「運」というのは非科学的なものであり、イマイチはっきりとしない

フワフワとした位置づけであり占いや宗教、幽霊なども同じような位置にいますよね。

 

私は占いや宗教、幽霊は全く信じていないのですが、

「運」というのもは何となく信じています。

というのも実際に「運の良い人悪い人」というのが存在するからです。

なぜ「運の良い人、運の悪い人」というのが存在するのかというと、

どうやらその人の思考が関係しているようです。

 

ザクッといってしまうと、運の悪い人はマイナス思考であり、

運の良い人はプラス思考である事なんです。

 

「な~んだ」と思われた方もいると思いますが運の良い人、運の悪い人について、

長年研究してきた博士が言っているのだから、信憑性はあるのかなと思います。

 

その博士とは「リチャード・ワイズマン博士」といい、

数え切れないほどの「自分は運が良い!」「自分は運が悪い・・・」という

人たちと会って研究を重ねてきた結果、運の良い悪には

ある法則があるということでした。それが先ほど言った「思考」です。

 

運の悪い人の特徴は、ある事を失敗した時に「もうダメだ」と、

とにかく物事をマイナス面に考えている傾向が非常に強く

逆に運の良い人は、「この程度で済んでよかった」とか

「失敗はチャンスだ」と前向きに捉えていきます。

 

またその他に運の悪い人の特徴として、

1、視野(先入観が強い)が狭くて目の前のチャンスに気づけない事が多い。

2、やる前から自分で結果を出して諦めている。

3、長期的な考えを持っていない(すぐに結果を求める)

4、適度な気分転換が下手

5、運の悪い人ほど運にこだわる。

などの特徴が挙げられます。

 

自分の気持ちにマイナスな面を刷り込んでいくと、

どんどん気持ちが塞ぎ込んでいきますよね。

そうすると行動にも影響が出ていきます。

 

運の良い人というのは、これらの特徴と全て逆の気持ちを持っています。

そうする事で自然と行動力も上がり「運」という未知の力が

引き寄せられるのかもしれません。

 

まぁ「運」はフワフワとした未知の力ではなく、

「自分で切り開いていく力」という人もいますが、

私個人としては、どちらにも当てはまるのかなぁと思います。

 

運の悪い人の特徴に当てはまる人は、

自分自身で意識改革をしていくしかありません。

簡単な方法は、日々の生活に感謝していく事だそうです。

なるほど~♪

 

「運の良い人悪い人」について、もう少し詳しく知りたい方は、

こちらの著書が結構面白いですよ。 ⇒ 運のいい人の法則 (角川文庫)

先ほど紹介した「リチャード・ワイズマン博士」の著書ですので

参考にしてみてください~。

コメント