北斗星に続きカシオペアまでもが廃止に・・・。

雑記

 

さて本日朝の新聞を見てびっくりした事があります・・・。

つい先日、ブルートレインこと寝台特急「北斗星」が

ラストランを終えたばかりなのに、今度は寝台特急「カシオペア」まで

廃止が実質決まってしまったとの事です・・・・。

詳細 ⇒ http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1-0174945-s.html

 

なんてこった!!!

 

北斗星もカシオペアもこのような事になってしまったのは、

来春から運航する「北海道新幹線」の影響です。

北海道新幹線は青函トンネルを含む現状のレールを改良しての使用するため、

ダイヤや電圧などの関係上、従来使用している機関車は

使用出来なくなってしまうんですね。

また特に寝台特急は新幹線が出来れば、必要もなくなるという事もあり、

このように次々廃止されることになってしまったようです。

 

そもそも北海道に新幹線は必要ないと思うんです。

東京から函館まで4時間半。札幌まで伸びても5時間以上はかかります。

これがとても便利だとは思えません。

飛行機なら1時間半ですし、東京⇔千歳間は新幹線の料金よりも安いです。

時間もかかって料金も高いって事に、何のメリットがあるのでしょうか。

 

これは東京⇔札幌までの間で見た場合なので、その道中の東北などの

利用には行きやすくなったりする場合もあるのかもしれませんが・・・。

それでも長い目で見ると、新たな赤字路線の誕生のような気がします。

 

JR北海道って、ただでさえ数々の不祥事をはじめ、線路や電車の不備も、

お金がなくて整備できない状況です。

それらを補うために、あちこちのローカル線を赤字という名目で廃止したり、

今回の相次ぐ寝台特急の廃止などで、費用を賄おうとしています。

そんな状況で新幹線を維持できるんですかね?

 

まぁ北海道から特別予算が出ていますから、何とでもなるのでしょうけど、

新幹線のための特別予算っていうのも、どうかと思いますね~。

 

始めちゃったもん勝ちな世の中ですから、もうどうしようもありませんが、

後になってしわ寄せがくるのはイヤです。

 

来年、3歳の息子と旅をしようと思っていたのになぁ・・・(-_-;)

 

コメント