ツーバス(ツインペダル)の基礎練習2

ドラム練習帳

今回は、前回の「ツーバス(ツインペダル)の基礎練習1」続きです。

右足・左足が同じようにコントロール出来るようになったら、

次はいよいよ両足を交えての「ドコドコ練習」です。

 

ツーバス(ツインペダル)奏法の基本スタイルは、

オルタネート(右→左、左→右というように交互に動かす事)です。

 

スポンサーリンク

ツーバス(ツインペダル)「オルタネートでの練習」

まずは「4分音符」「8分音符」「3連符」「16分音符」といった基本的な音符をもとに、

チェンジアップで足の動きを練習していきます。

苦手な音符があれば、そこだけスムーズにできるまでくり返して行います。

 

★練習の目安となるテンポ  ♩=80~150  ①RLRL~ ②LRLR~

 

 

両足を交互に動かす事に慣れていないうちは、上半身がふらつきやすいので、

重心が真ん中に来るように意識をして行いましょう。

「16分音符連打のスピードアップ」

オルタネートでのチェンジアップがスムーズに出来るようになったら、

次は16分音符連打のスピードアップ練習です。

★練習の目安となるテンポ ♩=120~200

 

 

初めはクリックには合わせずに、左右のバランスに気をつけながら、

速度に緩急をつけて練習をしていきます。

慣れてきたらクリックに合わせて練習していきます。

 

高速連打のコツについては

「ツーバスでスピードとパワーの両方を出すテクニック」

ご参照ください。

「16分音符の応用編」

16分音符のオルタネート以外のバリエーションも練習していきます。

テンポにもよりますが単純に16分音符をオルタネートで「ドコドコドコドコ~♪」と、

連打し続けるのはわりと簡単です。しかし8分音符を絡んだ16分音符になると、

手順ならず足順も色々と増えてくるので急に難しくなります。

 

足順によってはスムーズにはいかないパターンもあるので、慣れるまで大変かもしれませんが、

とても良い練習になるのでぜひチャレンジしてみてください。

その1「タッタカ・タッタカ」というリズム

★練習の目安となるテンポ ♩=80~180

その2「タカタン・タカタン」というリズム

★練習の目安となるテンポ ♩=80~180

その3「タタッタ・タタッタ」というリズム

★練習の目安となるテンポ ♩=80~180

何度も繰り返して練習する

今回も足だけの地味な練習となりましたが、まずは土台をしっかりと固めなければいけません。

地味で退屈かもしれませんが、何度も繰り返し練習していく事をおススメします。

 

またオルタネートの練習を始めてみると、片足ずつでの練習の成果が分かると思います。

片足ずつでの練習である程度、強化された状態となっているので、

オルタネートで3連符、16分音符、6連符へのチェンジアップも、

あまりふらつかずにスムーズには入れるのではないかと思います。

 

後半の16分音符の応用編は、実際にはあまり見られるパターンではありませんが、

下半身強化の意味でも練習しておいて損はないと思います。

それではまた次回に続きます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました