知らぬ間にバンドが解散していた

ドラムな音楽な人生~

 

知らぬ間にサポートしていたバンドが解散していました(笑)

 

事態の発覚は、ヴォーカルさんからのメールでした。

ちょっとかしこまったあいさつから始まり、その後、

Vo「もう知っているとは思うけど~」

私:?

Vo「バンドの解散は~」

私:??

Vo「リーダーと考え方が違って~」

私:??(-。-)y-゜゜

 

みたいな展開で、全然話が理解出来ずにメールは進みました。

取りあえず「解散してたんですか~。知りませんでした~」と返事をしたら、

逆に事実を知らない私に相手も驚いていました。

 

どうやら私の知らぬところで、もめていたようです。

気になる部分はあったにせよ、こちらもあえて聞きはしませんでした。

 

ただしばらくサポートをしていて思ったのは、バンドにこれといった目標もなく、

メンバーの集まりも悪く、リハがだらけ気味であり、それぞれやりたいことが違って、

Voさんとリーダーのウマがいまいち合わないなど、理由を挙げればキリがないのですが、

まぁバンド解散によくある理由が、チラチラと見えていたのは間違いありません。

 

取りあえずサポート的な立場なので、

ゴタゴタに巻き込まれなかったのは良かったです。

 

後ほどリーダーさんからもメールがきましたが、これまたよく分からない内容で、

さらに最後の文面に、ちょっとイラッとしてしまうほど(-_-;)

 

「また俺もバンドやると思うから、その時は対バンのお誘いするね!」です。

私よりも年上で社会勉強も豊富な人なのに、事情説明もなく後始末もきちんとできない男が、

「どの面下げてお誘いができるってよ(--〆)」 と、久々に自分の中でイラッとしました。

アホらしくて、返事返すのもやめました。

 

まぁたまにありますね、こういう事って。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました