音楽ジャンルがものすごくたくさんある事、知らんかった・・・。

ドラムな音楽な人生~

先日の「エモいってなにさ・・・。」の件の続きじゃないけど、

エモいがキッカケで、音楽ジャンルの事がとっても気になりだしたので、

どれだけの音楽ジャンルがあるのか調べて見ました。

 

スポンサーリンク

音楽ジャンルの数

今現在、分かっているだけで音楽ジャンルの総数は、

なんと、「約406数」ありました・・・(-_-;)

 

調べ方もあいまいな部分があるので、実際はもっとあるかもしれません。

それにしてもこんなにジャンルがあるなんて、全く知らんかったです・・。

ってか多すぎですな・・・。

 

「ガバ」とか「クレズマー」とか「ブーガルー」とか・・・

全く聞いた事も無いジャンルもあったりで、とってもじゃないけど、

全てのジャンルのドラムを教える事は出来ません・・・(+_+)

メジャーカテゴリーの細分化

一般的にジャンルというと、ロックやジャズ、ポップス、クラシックなど、

メジャーとなるカテゴリーがあります。そしてそのメジャーカテゴリから

また枝分かれして、さらに細かいジャンル分けがされています。

 

特に細かく細分化されているのがロックのジャンルです。

ロックにはメタルやハードコア、パンクなど様々なジャンルに分けられ、

更に例を取ってメタルというカテゴリーだけでも、ヘヴィメタルやスラッシュ、

パワーメタルとか・・・いっぱいあります。

 

ちなみにロックの起源はロックンロールだったりします。

 

ジャズやファンク、R&Bなどは、ブラックミュージックが起源ですが、

一括りにジャズといっても、ビバップやディキシー、モード、バップ、アシッド、

コンテンポラリーなど、様々なジャンルに分かれています。

なぜ音楽ジャンルはたくさんあるのか

音楽ジャンルの定義って非常に難しいです。

歴史的な要素や土地由来のもの、演奏する人達の人生観、リズムやテンポ、

メロディや歌詞の内容、パフォーマンス、楽器の編成、演奏される音の種類など、

様々なことが影響を与えます。

 

また演奏者だけでなく聴く人によっても解釈が変わり、

それがまたジャンル分けにも影響を与えていきます。

 

このように様々な要因が複雑に重なって、

簡単に「コレはコレ」という仕訳が出来ない(あるいは、したくない)ために、

どんどん増えていくんですね~。

 

日本のソウルミュージックである演歌も、

実は細かく細分化されているのかもしれません。

私は分かりませんけど(笑)

 

ジャンルについては、また掘り下げていきたいと思います~

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました