リサイクルショップの査定基準はいい加減なのか

雑記

 

リサイクルショップに行くと、掘り出し物の楽器に出会う事がよくあります。

特に一般的なリサイクルショップでよく出会います。

 

中古楽器の専門店だと良いものは中古でも高いのですが、一般のリサイクルショップでは、

良いものが安かったり悪いものが高かったりと、基準がいい加減になっていることが多く、

こちらとしてはラッキー♪と思う事も多々あります。

 

それにしても一般的なリサイクルショップには、楽器査定の基準というのは無いんですかね?

楽器以外のものでも、結構いい加減だなぁと思う事は多々ありますが・・・。

そしてどのショップでもわりかし同じような具合です。

 

ちなみに私、中学校時代にアンプとベースの入門セットを

楽器屋で29,000円で買って、つい最近まで持っていたのですが、さすがに古いし

15年以上も経っているしという事で、アンプは勿体ないので、

ベース本体だけを、●●●●ストリートに売る事にしました。

 

そしたら何と、6,000円で買い取ってくれたのです!!!

15年も前の入門セットですよ。楽器としては非常にショボいわけです。

ネックだってひん曲がっていて・・・。

楽器のメーカーだって「Anboy」なんて聞いたこともありません。

それが何と6,000円です!これはチョーラッキーだったわけですよ。

 

そして後日、いくらで売られているかを見に行ったら、これまたびっくりΣ(・ω・ノ)ノ!

なんと、39,800円で売られているではないですか!!?

しかもプレベなのに、「程度の良いジャズべ風のベースです

なんてコメントまで・・・(-_-;)

 

あぁ、これはかなりの詐欺チックな感じがします・・・。

個人的には高く買い取ってもらって嬉しいのですが。

でも・・・やっぱり詐欺チックな感じです。

 

コメント